ダブル洗顔,ニキビ,クレンジング

どうすればいいの?ニキビと素肌力アップのスキンケア

MENU

洗顔はW洗顔が基本。クレンジング剤も要注意。

洗顔はメイクや肌の汚れ、皮脂などを落とすために必要不可欠なことです。

 

メイクの汚れはクレンジング剤で落とし、その上で石けんなどの洗顔料で洗う、これがW洗顔の基本ですね。

 

最近はクレンジングと洗顔がいっぺんにできるワンステップの洗顔料も出ていて、めんどうくさがり屋さんや忙しい人に人気のようです。

 

しかし、メイクの汚れと皮脂の汚れは違うものですから、いっぺんに落とすのはちょっとムリがあるかと思います。

 

また,こうした洗顔料はかなり強い洗浄力がありますから、肌への刺激が強過ぎる可能性もあります。

 

さらに洗顔する側も、「いっぺんに落とさなきゃ!」という意識が働きますから、力が入って顔をゴシゴシこすってしまう心配もあります。

 

やはりメイクをしたときは、きちんとW洗顔するのが基本と考えてください。

 

では、クレンジング剤は一体どんなものを選ぶのが正解なのでしょうか。

 

クレンジング剤には、ふき取るタイプのものと洗い流すタイプのものがあります。

 

このうち、ふき取るタイプはできるだけ避けたほうがいいと思います。

 

コットンやティッシュでふき取るときに、どうしても肌をこすってしまうからです。

 

こすることによって皮膚の表面に細かいキズがつき,くすんだ肌の原因となります。

 

また、こすり方によっては,その摩擦が小ジワやタルミを作ってしまいます。

 

ニキビがあれば、なおさらよくありません。

 

ニキビをはぎ取ってしまうような感じになり、ヘタをすれば跡が残ってしまうんです。

 

もちろん洗い流すタイプなら何でもいいというものではなく、品質を十分に吟味する1)とがカンジン。

 

よく「クレンジング剤なんてどうせ洗い流しちゃうんだから、何でもいいじゃない」といって安易に選んでいらっしゃる方がいますが、それはいけません。

 

クレンジング剤に含まれている油分のせいで、ニキビが悪化してしまうこともあるのですから。

 

クレンジング剤に限らないのですが、化粧品の中には、鉱物油といって、石油を精製した油を使っているものもあるのが現状です。

 

18:06鉱物油は原価が低く抑えられるので、以前はかなり広く使われていました。

 

現在でも鉱も鉱 0物油を使っている化粧品は決して少なくありません。

 

鉱物油にもいろいろあるのですが、中には本当に軽油やガソリンを顔に塗るのと同じくらい危険なものもあります。

 

こうした「質の悪い油」は、洗い流しているつもりでも、肌に蓄積していってしまい、ニキビの原因となるのはもちろん、シミになってしまうこともあるのです。

 

,つ私自身、クレンジングジェルではいろいろ苦労してきました。

 

/さあれは独自化粧品のエッセンスで、ニキビが徐々によくなってきた頃のこと。

 

そのときは独自化粧品のクレンジングジェルはまだなかったので、市販のものをいろいろ使っていたんです。

 

当時は私も「どうせ落としちゃうものだから」なんて思って、自分のがなくなると、母のものを拝借したりしてました。

 

でも、母の使っているミセス向きのものというのは、油っぽくてコクがあり、しっとり感はあるのですが、その方できちんと油汚れを落とす力は弱いようで、使うとてきめんにニキビが悪化してしまうのです。

 

慌てて元のクレンジング剤に戻したりしていましたが、そのクレンジング剤にも決して満足しているわけではなく、あっちのものを使ったり、こっちのものに変えたりと、試行18:07錯誤の連続。

 

独自化粧品のクレンジングジェルができるまで本当に苦労しました。

 

とにかくクレンジング剤には細心の注意を払って選んでいただきたいと思います。

 

安いこはEものが必ずしも質が悪いとはいいませんが、あまりにも安いものはよい油を使うことが不可能ですから、その点は理解しておいたほうがよいでしょう。

 

:なまた、ノンオイルのクレンジング剤というものもありますが、100%ノンオイルのファンデーションやクリームを使っている場合は別として、メイクはノンオイルのものではやはり十分に落ちません。

 

独自化粧品のクレンジングジェルについては次章で説明していますので、そちらを読んでくださいね。